2006年02月04日

私のケータイ遍歴

0. 腕時計型ポケベル
新聞広告のモニター募集で当った。この時代は既にPHSが広まっており使わず。

1. J-DN02 by DENSO (J-PHONE)
「まめぞー」というキャラクターがいるケータイ。4階調モノクロ液晶、4和音。側面のタッチセンサーが至極便利だった。大学に入るに伴いケータイを持つようになる。現在、DENSOは携帯電話事業撤退。

2. J-SH04 by SHARP (J-PHONE)
携帯電話初のカメラ搭載機!256色液晶。16和音。16和音の着メロには感動した!

3. J-SH07 / SHARP (J-PHONE)
TFT液晶搭載で65536色表示可能に。JAVAアプリも搭載するようになり、今でも続く高機能化がこの機種で始まった。

4. J-N05 by NEC (J-PHONE)
これと言って特徴なし。みんなが使っているNEC端末を使ってみようと思い機種変した。

5. P2102V by Panasonic (DoCoMo)
ここからDocomoへ。まだ普及していないFOMAにいきなり特攻!2軸回転ヒンジを持つムービースタイルケータイ。Panasonic機だか中身はNECソフトなのでJ-PHONE→DoCoMoへの変更ショックを緩和するためにこれにした。いなみに"V"と言うのはテレビ電話対応を示す。

6. N2102V by NEC (DoCoMo)
オークションで3000円くらいで購入。なんとなく。

7. SH901iC by SHARP (DoCoMo)
2軸回転、200万画素カメラなどSHARPお得意の高機能端末。なによりFelicaに引かれた。

8. F902i by 富士通
モバイルSuicaを使いたかった。
posted by TaHIDE at 00:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12716673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。