2006年08月01日

ゲド戦記 (65/100)

ハウルの動く城に続いて、いまいち話の流れが分からない映画だ。原作を小説に持つ映画って、消化不良なものが多い。まぁ、原作も読めということなのか。

ジブリが求めるものは大人の評価ではなくて子供の評価ではないのか。最近のジブリ映画はその辺が足りないと思う。ジブリの看板が無かったら大したこと無いんじゃないかと。相変わらず黒いネバドロが出てくるし、腕がスパッと切断されるちゃうし、小さい子が見たら泣くよ。子供が見ておもしろいものを作ってほしい。となりのトトロ、魔女の宅急便みたいな。
posted by TaHIDE at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。