2006年11月21日

続・反物質

期待に応えて^^;

陽電子や反陽子の話をしたばかりだけど、さらに進んだ研究成果が発表された。反物質の記事を書いた翌日にこんなニュース。なんとタイムリーな。

「半・反原子」謎にじわり 反物質の性質解明に光 (asahi.com)

水素原子というのは陽子(+)の核の周りに電子(-)が存在している(回っている)
反水素原子は反陽子(-)の周りに陽電子(+)が回っている。

今回のは、物質でもないし反物質でもない、陽子(+)と反陽子(-)のハイブリッド!
質量が同じだから連星みたいなイメージか。

なぜか最近は素粒子物理学と宇宙物理学に興味があったりする。
posted by TaHIDE at 23:58| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 好奇心を満たせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あつい!!^^
Posted by Kyo at 2006年11月23日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

はじめての“超ひも理論”―宇宙・力・時間
Excerpt: 素粒子と素粒子間に働く4つの力を統一的に記述できる究極理論の候補として最も期待されている超ひも理論の概観を知るには最適の入門書の一つとしてお勧めできます。大学生や一般社会人を始めとして、高校生や好奇心..
Weblog: 物理学がすごくよかった
Tracked: 2008-02-24 22:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。