2005年07月31日

Yosemite改造日記3(電源換装)

いろいろな サイト をみて、挑戦!
中古で買った400W電源(TORICA SUPERSEI SPW-420NP)を装着してみた。ATX電源なら大丈夫なはずだけど,大切なのは電源ファンが側面についていないコト。最近の電源は大きな12cmファンを搭載するために側面にファンがついているから注意!。。。らしい。

サイトの通り,18番をカット。てか、ペンチで無理矢理引き抜いた目

元の電源を本体からはずし、新しいのをはめてみた.

が、

はまらなかった.がく〜(落胆した顔)

電源プラグを差し込むところがガワと干渉してる。ふらふら

ま、そこは無視して無理矢理ねじ止め。すこし浮いちゃってるけど、固定できたからよしとする。

静かになったわーい(嬉しい顔)

・・・いや、変わらない。。。?

騒音レベルは ノーマル200W≒静音400Wか?
posted by TaHIDE at 01:58| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBどうもありがとうございます。
同じB&Wユーザーとして参考になります。
たしかに純正の200Wでも騒音はそれほどでもないですよね。ただ400W等の電源に交換することでメモリ周りの不具合が減るという記事を目にしたことがありますし、決して無駄な行為ではないはずです。また、ネジ一本で固定することになる、というのもどこかで読んだ気がするので固定できていれば大丈夫なはずですよ(責任は取れませんが…)。
Posted by SeireiK at 2005年07月31日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

途中経過
Excerpt:  これまでのパーツ増設記録を書き出してみた。  ノーマル状態はG3/300Mhz(二次キャッシュは512K)。ここからスタート。なお、購入時点で既にSCSIカードとメモリ128Mが増設され、更に本体..
Weblog: Marine 〜麗しの青林檎〜
Tracked: 2005-07-31 02:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。