2008年08月16日

9.69

ボルトはぇ〜しかもまだ本気じゃないし!
posted by TaHIDE at 23:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

プロポーズ大作戦[最終回](10/100)

こんな結末ですか、そうですか。
なんかベタだなぁ。

あの場で言うのは卑怯だろう。藤木直人もいい人過ぎだ。
posted by TaHIDE at 23:13| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

プロポーズ

1回しか見たことない、プロポーズ大作戦の最終回を予想!



どうにか自分の気持ちを伝えることができた山ピー(名前忘れた)。

現在の披露宴会場に戻ってくると、誰もいない。

藤木直人との結婚はなくなったようだ。

山ピーの携帯がなる。長澤まさみからだ。

待ち合わせの時間なのにまだ来ないの?と怒っている。

どうやら藤木直人とは結婚せずに山ピーの彼女になったようだ。

二人の将来はこれから!ってとこでおしまい。



と、思いつきで書いてみたものの、これじゃ、プロポーズ失敗になっちゃうのか。
ま、藤木直人とも山ピーとも結婚しないと思う。ジャニーズのアイドル系はドラマの中でも結婚しちゃいけないのかも。
posted by TaHIDE at 00:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (75/100)



じ、実は、1も2も観てないんよ。どうやら紆余曲折の上、ジャックは死んだことになっているらしいところから物語は始まった目

ワールドエンド/世界の端っこ が物語の中心になると思っていたが序盤でてきた!
まさか小梅太夫がでてるとは。。。
バルボッサって死んでた人なの?
のりんとん?

あ〜、わからないふらふら

ま、こんなことになってしまうので1と2を予習・復習した方が楽しめると思う。
僕もこれから1と2をみることにする!

ちなみにジャックの次の目的は「若さの泉」。インディ教授も探してたな。


ハンス・ジマー - パイレーツ・オブ・カリビアン: ワールド・エンド (オリジナル・サウンドトラック)
posted by TaHIDE at 23:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

しゃべれども、しゃべれども (70/100)



みなとみらいのスタンプラリーで手に入れた109シネマズMM横浜の無料券。

1:パイレーツオブカリビアンをみよう!
  →この映画に限り、招待券は使えずふらふら

2:しかたない、タダなんだし鬼太郎をみるか
  →このあとの予定いかぶってしまうためOutふらふら

3:ちょうどいい時間の、「しゃべれど、しゃべれども」でいっか。
  →暗い内容ではなさそうだし。聞いたこともない映画だけどね。

全く気にしないでみてみたものの、なかなかよかった。
落語が大好きなのに、自分の言葉でしゃべれていない三つ葉(国分太一)、とっても無愛想な十河(香里奈)を中心に話は進んでいく。
同じ落語をテーマとしたタイガー&ドラゴンのようなはっちゃけた展開はないけど、くっすとした笑いどころはたくさんあったわーい(嬉しい顔)
落語を通して、徐々に心が開かれていく、そんなお話。
僕もしゃべりはへたっぴなのでちょっとためになった目
posted by TaHIDE at 23:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

スパイダーマン3 (75/100)


スパイダーマン3(大音量注意)


MJはどうにかならんのか。こっちに来たかと思えば、向こうに行ったり。
そこんとこだけ、イライラするけど、全体的にはいいお話。

敵役の黒いヤツっていらない気がした。無理矢理話に割り込ませてる感じがして、存在感がない。

posted by TaHIDE at 22:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

ネプ理科

最近好きな番組のひとつ


posted by TaHIDE at 00:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ライアンさん

富士ゼロックス Apeos

富士ゼロックスApeosのCMはおもしろいと。「えっ?」と思わせて、これは何のCMなんだろうと印象に残る。こーゆーのをティザー広告と言うらしい。

このCMシリーズは、「経営者は会社の質を高めなければいけないので、こんなことが上手でもダメなんだよ。」と言いつつ、ご老体に似つかわしくないプロフェッショナルな動きをする。バスケだったりフィギュアスケートだったり。



で、最近流れているフィギュアスケート編の経営者ライアンさん。

xerox.jpg


Name+ ライアン ブラッドレイ
Age+ 22歳

ん!?22歳!?

僕より若い。
posted by TaHIDE at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (75/00)



バブルというとジュリアナ東京でお立ち台、センスなんてイメージがあるけど、実際は違う。ジュリアナ東京はバブル崩壊後の話らしい。経済的な崩壊と感覚的な低迷は数年のギャップがあり、「まだ大丈夫、これは一時的なものだ」と、ますます経済を狂わせていった。

映画の話に戻すと、その経済の崩壊が始まったきっかけの一つである大蔵省の通達を阻止させるためにタイムトラベルして行方不明になった母親を捜しにいくが、真実は。。。

クラブ?ケータイ?ジーパンがずり落ちてへそが見えてるよ?
ディスコ?ポケベル?服ぴちぴち!まゆげ太っ!
とか、現代とのギャップにクスクスわーい(嬉しい顔)


僕にはいわゆるバブル時代というのは覚えが無い。幼稚園とか小学校低学年くらいの時だ。ちょうど主演の広末涼子と同じ世代。

課長が言ってた、あの時はすごかったと。
サークルのパーティに企業のバックアップがついて会場を取ってくれたり、意味もなく高い服を買ったりと。まさに映画の中の世界。


posted by TaHIDE at 16:55| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

瞳を閉じて〜♪

タモリのジャポニカロゴスで平井堅の名曲「平井堅/瞳をとじて」について触れていた。

問題はサビの歌詞の

「瞳を閉じて 君を描くよ」

の部分。

瞳とは、いわゆる黒目の真ん中の瞳孔
hitomi.gif

のことだから、

「瞳をとじて」とは、
hitomic.gif

こーゆーことになってしまうとのこと。

いままで、まったく気に留めたことが無かったけど、確かにそうだ。目からウロコ目
posted by TaHIDE at 00:28| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

NANA2 (65/100)


高画質予告→Movie Trailer (HD)


ノブがかわいそうだ。ハチよ、どちらかハッキリしろ!

さてと、のだめを観るか目
posted by TaHIDE at 20:58| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ぎゃぼー

今クールのドラマで、「のだめカンタービレ」だけは欠かさずに観ている。

いつかは忘れたけど、結構前にコミックで読んだ時はあっという間に読み終えてしまい「内容がないなー」と思った。

ドラマは面白い!テンポいいし。
だけど、この話、主人公はのだめではなくて千秋がだよね。今のところ。


・のだめに出てくるクラッシックがいっぱい。
classic@comics Vol.1 〜 コミックで出会った名曲たち
試聴音楽Jeno Jando & Zsuzsa Kollar - classic@comics Vol.1 〜 コミックで出会った名曲たち


・1曲目がのだめ&予想外。トゥーランドットを収録しているからって、クラッシック・バウアーですか^^;
2006 MEMORIAL 〜 クラシック・バウアー
試聴音楽ウクライナ国立交響楽団 - 2006 MEMORIAL 〜 クラシック・バウアー


posted by TaHIDE at 00:53| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

デスノート the Last name (75/100)

dn-tln.jpg



ライトとLの決着はどうするのだろうと思っていたが、そう来たか。原作前編+αどころではなく+Ωだったね。

ネタバレがあるので詳しくは↓







続きを読んじゃう
posted by TaHIDE at 23:44| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

攻殻機動隊

最近、はまっているもの。それは攻殻機動隊

kokaku.jpg

いまさらながら、DVDを借りて観ている。

Matrixはこれを実写化したくて作ったって言っていたけど、まさにそうだ。首の後ろにコネクタがあり、電網に接続したり、哲学的な言葉である事象を定義したり。主人公の草薙素子はトリニティまんまだ。

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「イノセンス」、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」はとりあえず観た。映画の方はあまり面白くない。。。

話の中に熱光学迷彩という、いわゆる透明マントみたいな物があるのだが、まじめに研究している人がいたりする。


ムービーを観ると結構すごいわーい(嬉しい顔)
参考文献を見ると、、、
kokaku-ref.png


posted by TaHIDE at 00:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

イルマーレ (90/100)

tlh.jpg


〜湖畔に建つガラス張りの家が結びつける時を超えた恋愛物語〜



キアヌ・リーブス&サンドラブ・ロックのイルマーレをみてきた。手(チョキ)
こないだのスーパーマン・リターンズを観に行ったときの予告で知った映画眼鏡

あらすじはこちらでどうぞ→goo映画/イルマーレ

素直な展開で先は読めるけど、久しぶりに良い映画を観た。
絶対に会うことのできない時間の隔たりの中で苦しむ話かと思ったら、実は出会いまくる。しかし、未来に住んでいるサンドラ扮するケイトはキアヌが未来の彼になることは知る由もない。キアヌが切ないね。

観て後悔しないと思うぴかぴか(新しい)

//
すこ〜し、BTTFに通ずる部分もあった車(セダン)

posted by TaHIDE at 23:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

スーパーマン リターンズ (80/100)



最近流行のリメイクもん。。。 だけど、よかった。手(チョキ)

見てて痛いシーンとかあまり無いし安心してみられるヒーロー映画だね。

スーパーマンというと、電話ボックスに入って、飛び立つ!右斜め上ってイメージがあったけど、そんなシーンは無かった。アメリカももう電話ボックスが無いのかもしれない。

敵役のレックス・ルーサーは悪いやつだが、妙な愛嬌がある。手段はすごいスケールだが、目的がしょぼい。


::おまけ::

スーパーマンのテーマジョン・ウイリアムス - Best of The Boston Pops - Superman: March
posted by TaHIDE at 22:42| ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

ゲド戦記 (65/100)

ハウルの動く城に続いて、いまいち話の流れが分からない映画だ。原作を小説に持つ映画って、消化不良なものが多い。まぁ、原作も読めということなのか。

ジブリが求めるものは大人の評価ではなくて子供の評価ではないのか。最近のジブリ映画はその辺が足りないと思う。ジブリの看板が無かったら大したこと無いんじゃないかと。相変わらず黒いネバドロが出てくるし、腕がスパッと切断されるちゃうし、小さい子が見たら泣くよ。子供が見ておもしろいものを作ってほしい。となりのトトロ、魔女の宅急便みたいな。
posted by TaHIDE at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

M:i:III (70/100)

M:i:III

ミッション・インポッシブルは1が一番面白いよ。2よりはいいと思ったけど、イマイチ。
キモのインポッシブルなミッションを映像で見せないでどうする!ふらふら
ラベル:MiIII
posted by TaHIDE at 20:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

カーズ (85/100)



車が人間ライクに生活していると言う、あり得ない世界が当たり前のように進んで行く。そんなんなのに、だんだんと違和感がなくなってしまう。

PIXAR恒例の短編もおもしろかったグッド(上向き矢印)

PIXARの映画はCGはもとより、ストーリーがいいよね。あまり観る気はしないんだけど、観れば面白いことはわかってる。そんな不思議な会社。働いている環境が楽しいから、クリエイティブな発送がどんどんと生まれてくるんだろう。

それとは逆にディズニー本体の映画はパッとしない。本体製作の次回作はヒドイ。都会の動物園で暮らしていて、ひょんなことからジャングル。。。って、まんまあの映画じゃないか!
posted by TaHIDE at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

デスノートと古畑任三郎

古畑任三郎FINALの第2夜「フェアな殺人者」を見ようとして、気づいた。
被害者役の役者って、映画デスノートの渋井丸じゃないか?気のせい?
だとしたら、同じようなチンピラ役だ雷

月の藤原竜也も古畑FINALに出ていたし、なにか関係があるのかな。



posted by TaHIDE at 00:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。